ワンピース非公式ファンサイト『GOLD』

第13回調査対象:鈴木おさむ

2014-01-07 17:00 公開



プロフィール

【名前】鈴木 おさむ(すずき おさむ)
【出身地】千葉県
【生年月日】1972/4/25(41歳)
【血液型】O
【職業】放送作家・脚本家・作詞家・パーソナリティ・タレント


来歴

本名は鈴木 収(読み同じ)。千葉県立安房高等学校卒業、明治学院大学中退。
スマイルカンパニー所属

太田プロダクションの芸人採用オーディションを受け
審査員の1人として参加していた放送作家の前田昌平の目に留まり前田に師事する。
当時結成直後で無名のよゐこのライブが初仕事。

以前は表舞台に出る機会は少なかったが近年は夫婦でテレビ、CM等での露出の機会が増えタレント活動も行っている。
SMAP・キャイ~ン・ココリコなど複数の芸能人のブレーンとしてだけではなく、脚本家としても数々のヒット作を手掛ける。
フジテレビでは編成部のプロデューサー・荒井昭博と組み、様々な企画・コントを生み出している。

主な担当番組として、『笑っていいとも!』『SMAP×SMAP』
『めちゃ×2イケてるッ!』『いきなり!黄金伝説。』など。
また著書には『ブスの瞳に恋してる』『ブスの瞳に恋してる』
『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』などを執筆している。

妻は森三中の大島美幸。交際期間0日で結婚しており
「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2009」を受賞している。


ONEPIECEとの関係

1999年からONEPIECEのアニメが放送開始され、これまでに数々の映画が公開された。
そして、2012年12月に11作目として公開された劇場版アニメ『ONE PIECE FILM Z』で脚本を務める。

同作の大ファンである鈴木は、念願の初参加に
「大ファンである僕が、魚人島編直後のお話を作らせていただきました。新世界編に突入した映画はワクワクする物語になっています!」と語っている。

脚本制作に当たっては、幾度も原作者・尾田栄一郎と打ち合わせを重ねており
完成後には「新世界編に突入した映画はワクワクする物語になった」と確かな手応えを明かしている。

同作のプロデューサー・種田義彦氏(フジテレビ)は
「何よりワンピースの大ファンであること、そして、現在バラエティーの放送作家として、
日本一皆さんを楽しませている一人だから」
と起用理由を明かし、
「ドキドキわくわくする作品を書いてくれました」と鈴木氏を絶賛している。

そんな鈴木おさむさんの一番好きなキャラはルフィとのこと。
理由として「いろんなキャラクターが出てくると、気持ちが新しいキャラクターに行ってしまって、
主人公がおいてけぼりにされちゃうけども、ルフィはずっとかっこよく強く魅力的でい続けているから」
と語っている。
それゆえに、
Zの脚本を描く際にはルフィらしさに特にこだわっていたかもしれないとも話している。


ファンにとって作品に携われるというのはとても嬉しいことですが、その世界を壊したくないというプレッシャーがかなりのしかかると思います。
しかも手がけたのは、「STRONG WORLD」の次の長編映画ですから尚更ですね!
それをみごとやってのけた鈴木おさむさんの今後の活躍を応援しましょう!!
パスワードをお忘れの方へ 閉じる
ワンピース道一覧
造形道 コレクション道 料理道 ディスプレイ道 イラスト道 漫画道 ブラショ道 コスプレ道