ワンピース非公式ファンサイト『GOLD』

第6回調査対象:大塚芳忠

2013-12-16 15:00 公開



プロフィール

【名前】大塚 芳忠(おおつか ほうちゅう)
【出身地】岡山県
【生年月日】1954/5/19(59歳)
【血液型】A
【職業】声優・ナレーター


来歴

本名は大塚 芳忠(おおつか よしただ)
元は本名で出演していたが、各所で名前を「ほうちゅう」と呼ばれることから2001年頃に現在の芸名に変え
同人舎プロダクションに所属していたが、同時期にクレイジーボックスに移籍している。

高校卒業後、特にあても就職する気もなく上京。
アルバイト先にお客さんが見えて、「君はずっとこんな生活をしてるの?」と質問をされ
そのお客さんと話しているうちに、その方はあるテレビ局の外画のプロデューサーだったことが後でわかった。
流れで「そういった仕事を紹介してください」とお願いしたことが声優の世界に入るきっかけとなる。

妻は声優の弥永和子。
『ジュラシック・パーク』、『フルハウス』などでは夫婦で共演もしている。
「業界の「神」は?」という質問に対し「キャリア的にも大先輩の妻」と返すとともに
「神の怒りは本当に怖い」と答えるなど、インタビューなどで妻の話題に触れる際、恐妻家らしい一面を見せている。

真夏でも口と首にタオルを巻いて寝ることが習慣になっている。
どんなに暑くてもそれがないと寝られないらしく、何十年もやっているそうだ。

田中真弓から懇願されて三ツ矢雄二と1回だけ男同士のデートをしたことがある。

1976年に『機甲創世記モスピーダ』のバットラーとして声優デビュー。
代表作に『SLAM DUNK』の仙道彰、『NARUTO -ナルト-』の自来也
『仮面ライダー電王』のデネブ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのデイヴィ・ジョーンズ
などを演じている。

ONEPIECEとの関係

2012年に上映された『ONE PIECE FILM Z』のゼットに声を当てている。
それ以前にも、2004年に登場したモンブラン・ノーランドも演じている。

低音のソフトな声が魅力的でシリアスからコミカルまで様々な作品やナレーションを
行っておられる大塚芳忠さん。
過去の一件から海賊と現在の海軍に対して強い怒りを抱き、目的のためなら一般市民の犠牲すら厭わない苛烈な面と
部下からは非常に信頼されていて、教え子の海兵たちからは「先生」と呼ばれている一面を併せ持つゼット。
確固たる信念を持ったこのキャラにまさしくふさわしい声でした。

『ONE PIECE FILM Z』はゼットが主役といっても過言ではないです!
まだ見ていないという方は、麦わら一味の活躍とともに
ぜひ渋かっこいいゼットにも注目して見ましょう!!
パスワードをお忘れの方へ 閉じる
ワンピース道一覧
造形道 コレクション道 料理道 ディスプレイ道 イラスト道 漫画道 ブラショ道 コスプレ道