ワンピース非公式ファンサイト『GOLD』

第2回調査対象:大谷育江

2013-12-04 13:30 公開



プロフィール

【名前】大谷 育江(おおたに いくえ)
【出身地】東京都
【生年月日】1965/8/18(48歳)
【血液型】B
【職業】声優


来歴

1986年に東京アナウンス・アカデミー声優科卒業、江崎プロダクション付属養成所入所。
2年後にマウスプロモーション(旧江崎プロダクション)所属。
愛称は育ちゃん。

1986年に『めぞん一刻』のペットショップ店員で声優デビュー。
一つの作品で複数のキャラクターを演じることも多く、同じ性別のキャラクターも演じ分ける。
演技の幅が広いと言われる声優の1人であり、声域をあまり変えずに様々な役をこなす。
ピカチュウの声は世界共通であるため、海外でも声が知られており
「大谷育江」という名前は知らなかったとしても、「ピカチュウの声の人」と言えば通じることが多い。

『ポケットモンスター』のピカチュウをはじめ、『名探偵コナン』の円谷光彦
『コボちゃん』の田畑コボ、『おジャ魔女どれみ』のハナちゃん
アニメ以外では海外ドラマ『フルハウス』で、次女ステファニー役を演じており、少年・少女の役を演じることが多い。
またピカチュウ、ガッシュ、『東京アンダーグラウンド』のシエルと「雷を使うキャラ」の声を担当することがよくある。

一度『踊る!さんま御殿』に出演した時は、ピカチュウの声を披露したが『あまり似てない』と自分でコメント。
これには会場が笑いに包まれ、明石家さんまも『似てないって、本人やん!』と突っ込んだ。

あまり知られていないが家電販売大手、エディオン系列の「デオデオ」のテーマソングも歌っている。
(現在はエディオングループ各社は2012年をもって「エディオン」に統一したため聞くことができない)

ONEPIECEとの関係

1999年から放送されたONEPIECEのアニメが放送され
2001年より登場したトニー・トニー・チョッパーを演じる。

チョッパーの登場以前にもサンジの幼少時代を演じていた。
他にはエニシダ、偽ナミ、もちろんチョッパーマンも演じている。

2006年1月より、体調不良のため一時全レギュラー番組を降板しており
ワンピースも然りで、その際には伊倉一恵が変わりに声をしている。同年5月21日に復帰。
(第254~263話、海列車でエニエス・ロビーに着くまでの10話分と映画であるカラクリ城のメカ巨兵)

作者である尾田栄一郎に「反則もの」の声と称され同キャラの作者の中でのイメージを変えた。
チョッパーってどんなヤツですか?という質問に「人を疑わないので、びっくりするほど素直。」と語っており 演じる上でピュアな心を忘れないことを心掛けていると語っている。
パスワードをお忘れの方へ 閉じる
ワンピース道一覧
造形道 コレクション道 料理道 ディスプレイ道 イラスト道 漫画道 ブラショ道 コスプレ道