ワンピース非公式ファンサイト『GOLD』

第10回調査対象:中井和哉

2013-12-24 13:30 公開



プロフィール

【名前】中井 和哉 (なかい かずや)
【出身地】兵庫県
【生年月日】1967/11/25(46歳)
【血液型】A
【職業】声優・ナレーター


来歴

1995年に『空想科学世界ガリバーボーイ』サイ役でデビュー。
声優になる前は公務員として働いており、特技の「測量」はその時代に身に付けたものである。
「このまま公務員として一生を終えるんだろうか」という思いを抱き
働きながら土日などの休日を使い青二塾大阪校へ通い、第11期に卒業。

デビュー後すぐ、『機動新世紀ガンダムX』のウィッツ・スーなどを担当。
現在ではアニメーションのほかに情報報道番組などを中心に多くのナレーションを担当している。

『銀魂』の土方十四郎 、『xxxHOLiC』の百目鬼静, 『戦国BASARA』の伊達政宗などのアニメキャラクターから、ゲーム『ファイナルファンタジーX』のワッカ
などを演じており また、『アッコにおまかせ』『スッキリ』などのナレーションを担当している。

2011年、第5回声優アワードにて「助演男優賞」を受賞。

漫画家のみずしな孝之のファンである。
剣士や侍など刀を扱うキャラクターを演じる機会が多いが、本人は先端恐怖症である。

かなりのディズニーリゾートマニアのようで
2ヶ月に1回は夫人や娘といっしょに東京ディズニーランドや東京ディズニーシーに行っている。
猫や甘いものが大好き。

ONEPIECEとの関係

1999年からONEPIECEのアニメが放送開始され
同年に登場したロロロア・ゾロを演じる。
ONEPIECEでは他にもクンフージュゴン、ピエール、ジゴロウ、サルデス、ドリップ(偽サンジ)などを演じている。

『ONE PIECE』はロロノア・ゾロへの抜擢をきっかけに
テレビアニメやゲームの声優として活躍するようになった作品のため
ゾロについて「声優としての僕の根幹にあるのがゾロで、広く世間に知られた初めてのキャラクター。僕の世界を広げてくれた、いろんな世界に連れてってくれた恩人のような存在です」
とコメントしている。
『ONE PIECE』のオーディションに備え原作を読んだ時「絶対ゾロをやりたい」と思い
実際にゾロ役に決まったところ本人は喜んだが妻はサンジの方が良かったらしく少々不満そうだった。

『ONE PIECE』のキャラクターソングCDのコメントにて
「一度やってみたかった」という理由からサンジの「メ~ロリンvメ~ロリンv」をやっている。

共演者の間でゾロの名前が呼び辛いらしく「中井さん、ロロノアってどうにかなりませんかね」と
アフレコ現場で度々からかわれたらしい。

ゾロを演じる上では、「クールに見えて熱いヤツなので、渋い雰囲気を漂わせながらもまだまだ発展途上の若者らしさを失わないように。」と心がけている。

新世界編では、ますますその強さを際立たせているゾロ。
今のところゾロがピンチになったシーンすら見かけませんが
ここからゾロがどんな熱いバトルを見せてくれるのか楽しみですね!
パスワードをお忘れの方へ 閉じる
ワンピース道一覧
造形道 コレクション道 料理道 ディスプレイ道 イラスト道 漫画道 ブラショ道 コスプレ道