ワンピース非公式ファンサイト『GOLD』

【第8回】カクの漫画カク!

2014.04.15 13:33 公開

2014.04.15 13:35 更新

評価:1pt

こんにちは!

カクです(`・つ・´)!!

今回は漫画を描くための一番最初の作業である

「プロット」「ネーム」について説明したいと思います。

 

「プロット」とは

物語を作るときの設計図・構想のことを指します。

・主人公などの登場キャラクターはどんな人物なのか

・その作品で何を伝えたいのか

・世界や時代などの設定はどうするか

など、今から描く漫画の『材料』となる素材をまとめることです。

 

この作業をしっかりと行うことで、ブレのない魅力的なキャラクターが活躍し、ストーリーに矛盾が生まれることもありません。

特に読み切りなどの場合は、ページに制限があります。

そのページ数の中にどのような内容を取捨選択するかという判断材料にもなるので

漫画を描く前にこの「プロット」を作成する作業を行いましょう!

 

「ネーム」とは

プロットが出来たら次に「ネーム」の作業です。

「ネーム」とは漫画を描くときに、いきなり原稿用紙に書き始めてしまうと途中でページが足りなくなってしまったり、矛盾が生じてしまう可能性が高い。

なので、「プロット」で書き出した材料を元に『漫画の設計図』を作る作業・・・これを「ネーム」といいます。

ネームは納得のいくまで何度も書き直すことが前提。

なので、簡単に消せる鉛筆で描くのがおすすめです。 尾田さんの場合は、1週間分(約19P)を2~3日かけて描いています。

それだけ重要な作業であり、作者が一番頭を抱え、悩む作業でもあります。

 

ちなみに私は、ネームを描く前にネームの前のネーム・・・ 『ミニネーム』を描きます(笑)

そうすることで全体の流れを再確認でき、頭の中でストーリーやキャラクターの設定がまとまるんです。

 

それがこちら

コピー用紙を4つ折りし、出来た線にそって 横線は太めのペンで、縦線は赤色で線をひきます。

 

線をひいたら中央にこんな感じでノンブル(P数)を振ります。

漫画は必ず『左ページ』から始まります!

なので、1P目は左側に。こんな感じで、紙に4P分の枠を作ってネームを描いていきます。

31Pの読みきりだと、コピー用紙8枚分って感じですね!少年漫画だと、1Pあたり5~7コマが基本です。

それ以上多いと小さすぎてみにくくなってしまったり、迫力がなくなってしまいます。

 

【ネームを描く時のポイント】

○見開きで描く!

実際に漫画を読むときと同じ感覚で描いた方が、全体のイメージをつかみやすい。

似たようなコマが並ばないように気をつけることもできます!

 

○ページの「めくり」と「ひき」、「キメ」を意識しよう!

見開きでページを見たときにどのコマに注目して欲しいかをまず決めます。

そのコマを「キメゴマ」といいます。 あとは、そのコマをよりかっこよく見せるための助走と考えてネームを描くのがいいと思います。

「キメゴマ」は、ページをめくった瞬間にインパクトが出るように最初のコマにされることが多い。これは「めくり」というテクニックです。

また、この「めくり」の効果を増大させたり、早く次のページをめくりたいと思わせるように ページの最後のコマを読者に期待感を煽るコマにするテクニックを「ひき」といいます。

 

例えばこちらのワンピースのシーン

ルフィが「ゴムゴムの・・・」と構えているコマが「ひき」のコマになっていて、次のページをめくりたい!

という期待感を演出しています。

このコマによって

ページをめくった時の見開きコマが、より迫力のあるシーンに!!

漫画はこういった演出がいくつも連なってできています!

数十ページの漫画を描く際には、こういったことを考えながらコマの配置を考えると先が読みたくなる漫画の構成になります。

 

皆さんもこれらを上手く使ってネームを描いてみましょう!

カクでした!

 

関連記事

イラスト道

カク

イラスト道

カクとCP9

ブログ&コラム

【第10回】カクの…

ブログ&コラム

【第7回】カクの漫…

ブログ&コラム

【第6回】カクの漫…

ブログ&コラム

【第5回】漫画の書…

ブログ&コラム

【第4回】漫画の描…

ブログ&コラム

【第3回】カクの漫…

ブログ&コラム

【第2回】カクの漫…

パスワードをお忘れの方へ 閉じる
ワンピース道一覧
造形道 コレクション道 料理道 ディスプレイ道 イラスト道 漫画道 ブラショ道 コスプレ道